ガイドライン

ガイドライン(カイロプラクティック・脊椎マニピュレーション)

  1. カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン(WHO:和訳)
  2. WHO guidelines on basic training and safety in chiropractic(WHO:多言語)
  3. カイロプラクティックの安全性に関するガイドライン(JAC)
  4. カイロプラクティックの広告に関するガイドライン(JAC)
  5. カイロプラクティックオフィスにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策ガイドライン(JAC)
  6. Clinical Practice Guideline: Chiropractic Care for Low Back Pain(診療ガイドライン:腰痛に対するカイロプラクティックケア)
  7. Noninvasive Treatments for Acute, Subacute, and Chronic Low Back Pain: A Clinical Practice Guideline From the American College of Physicians (急性・亜急性・慢性の腰痛に対する非侵襲的治療:米国内科学会の臨床業務ガイドライン)
  8. National Clinical Guidelines for non-surgical treatment of patients with recent onset low back pain or lumbar radiculopathy(最近発症の腰痛又は腰椎神経根障害を抱えた患者に対する非外科的治療のデンマーク診療ガイドライン)
  9. Spinal Manipulative Therapy and Other Conservative Treatments for Low Back Pain: A Guideline From the Canadian Chiropractic Guideline Initiative(腰痛に対する脊椎手技療法とその他の保存治療:カナダカイロプラクティックガイドラインイニシアチブの指針)
  10. The Treatment of Neck Pain–Associated Disorders and Whiplash-Associated Disorders: A Clinical Practice Guideline(頚部痛関連障害とむち打ち関連障害の治療:診療ガイドライン)
  11. Non-Surgical Interventions for Lumbar Spinal Stenosis Leading To Neurogenic Claudication: A Clinical Practice Guideline(神経性跛行を発症する腰部脊柱管狭窄症に対する非外科的介入)

国際報告書(レポート)

  1. WHO global report on traditional and complementary medicine 2019(世界保健機関:伝統医学と補完医療の国際報告書2019)
  2. Rehabilitation 2030: A Call for Action(世界保健機関:リハビリテーション2030 行動喚起)
  3. Towards a global strategy to improve musculoskeletal health
    (筋骨格系ヘルスのグローバルアライアンス:筋骨格系ヘルスを改善するためのグローバル戦略に向けて)

各国のカイロプラクティックに関する調査報告

  1. ニュージーランド(1979):ニュージーランドレポート カイロプラクティック調査委員会【有効性認める】
  2. オーストラリア(1984):オーストラリア厚生省 メディケア受益検討委員会【有効性認める】
  3. スウェーデン(1987):スウェーデン 代替医療委員会報告書【有効性認める】
  4. アメリカ(1991):ランド研究所 腰痛に対する脊椎マニピュレーションの妥当性【有効性認める】
  5. 日本(1991):旧厚生省・脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究(三浦レポート)【有効性認めず】
  6. カナダ(1993):オンタリオ州政府 マンガレポート【有効性認める】
  7. イギリス(1993):英国王室基金 ビングハムレポート【有効性認める】
  8. アメリカ(1994):米連邦政府ヘルスケア対策研究局 成人における急性腰痛の諸問題腰痛ガイドライン【有効性認める】
  9. イギリス(1994):英国政府 腰痛の臨床業務ガイドライン 腰痛ガイドライン【有効性認める】
  10. カナダ(1995):ケベック州 むち打ち関連疾患に関する調査【有効性認める】
  11. イギリス(2004):英国腰痛運動とマニピュレーションの無作為試験【有効性認める】
  12. 欧州(2004):慢性非特異的腰痛管理 ヨーロピアンガイドライン【有効性認める】
  13. アメリカ(2007):米国内科学会および 米国疼痛学会による 統合臨床診療ガイドライン【有効性認める】
  14. イギリス(2009):NICE(英国国立臨床評価機構)ガイドライン 成人の腰痛に対する初期のマネジメント【有効性認める】
  15. イギリス(2011):BMA(英国医師会)腰痛・頚部痛 ガイド【有効性認める】
  16. アメリカ(2012):急性と亜急性の頚痛に対する脊椎マニピュレーション、薬物治療、在宅運動指導の比較【有効性認める】
  17. アメリカ(2017):急性・亜急性・慢性の腰痛に対する保存療法の診療ガイドライン【有効性認める】
  18. 日本(2019):腰痛診療ガイドライン 改訂第2版 2019【有効性認める】

 関連サイト

  1. Traditional, Complementary and Integrative Medicine(世界保健機関:伝統医学・補完医療・統合医療)
  2. NCCIH(米国国立補完・統合医療センター)
  3. G-MUSC(筋骨格系ヘルスのグローバルアライアンス:旧運動器の10年国際委員会)
  4. Global Rehabilitation Alliance(グローバル・リハビリテーション・アライアンス)
  5. 統合医療情報発信サイト(厚生労働省サイト内)
  6. 世界カイロプラクティック連合(WFC)
  7. 国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)
  8. 全米カイロプラクティック試験委員会(NBCE)
  9. 米国カイロプラクティック協会(ACA)
  10. 国際カイロプラクターズ協会(ICA)
  11. カナダカイロプラクティック協会(CCA)
  12. 豪州カイロプラクターズ協会(ACA)
  13. 英国カイロプラクティック協会(BCA)
  14. 欧州カイロプラクターズ連合(ECU)
  15. 日本カイロプラクターズ協会(JAC)
  16. 日本カイロプラクティック登録機構(JCR)
日本カイロプラクティック科学学会
タイトルとURLをコピーしました