学術大会

学術大会

 第12回 日本カイロプラクティック科学学会学術大会
~ オンライン同時開催 ~

今年度の学術大会はオンライン配信の同時開催をいたします。(※Zoom使用)

様々な医療現場やスポーツ競技会の場において多職種連携による患者やアスリート中心の治療やケアが進んでいます。国内でもエビデンスに基づく医療が少しずつ普及するにつれて多職種連携に適応した医療制度の整備が必要とされています。カイロプラクティックが普及している国々では、カイロプラクターが医療機関と提携しながら、安全性と有効性に配慮し患者のケアにあたっています。今回は「多職種連携におけるカイロプラクターの役割」をテーマに、基調講演、招待講演、会員発表、学生の研究発表を予定しています。

【会期】2021年11月21 日(日)・22日(月) 10 時00分~ 16 時30分
【会場】芝浦工業大学 芝浦キャンパス
【大会長】尾口修平(スマートカイロプラクティック・JAC常務委員)
【テーマ】「多職種連携におけるカイロプラクターの役割」
※職種連携とは、患者中心の質の高いケアを提供するために医療従事者が連携して患者の治療やケアにあたること。
【主催】日本カイロプラクティック科学学会
【後援】(一社)日本カイロプラクターズ協会・(一社)日本スポーツカイロプラクティック連盟

【基調講演】

  • 片寄 正樹(札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学科 理学療法学第二講座 教授)
  • 山下 仁(森ノ宮医療大学 鍼灸情報センター・大学院保健医療学研究科・保健医療学部鍼灸学科 教授)
  • 後藤 雅博(後藤カイロプラクティックオフィス 院長)

【招待講演】

  • 倉津 弘一(大阪府療術師会 会長)

【会員発表】

  • 後日発表

基調講演

演題

講演者

本文

演題

講演者

本文

演題

講演者

本文

 

会員発表(症例報告)

演題

演者

【はじめに】

【症例】

【結果】

【考察】

演題

演者

【はじめに】

【症例】

【結果】

【考察】

学生演題(研究発表)

演題

演者

演題

演者

演題

演者

【プログラム】

  • 11月21日(日)
  • 11月22日(月)

【参加費】
■ 正会員 8,000円(会場参加・オンライン配信)
■ 卒後2年以内 4,000円(会場参加・オンライン配信)
■ 学生会員 無料(会場参加・オンライン配信)
■ 非会員 12,000円(会場参加・オンライン配信)

【交 通】JR田町駅 芝浦口から徒歩3分、都営三田駅から徒歩5分

【抄録集】11月初旬に抄録集をPDFデータでお送りします(無料)。印刷冊子(200円)をご希望の方はお申し込み時にお知らせください。

【お願い】

  • 会場やパソコン画面上でのビデオや携帯電話での動画撮影はご遠慮ください。また主催者の指示により写真撮影につきましても一部ご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。
  • ご来場時の検温およびアルコール手指消毒にご協力をお願いします。37.5度以上の発熱や咳など症状が確認された場合は、大変恐縮ですが、入場をご遠慮ください。
  • 会場内では、食事以外ではマスクの着用をお願いいたします。

【申し込み】申し込み締め切りは10月29日です。

【大会事務局】 日本カイロプラクティック科学学会事務局
東京都港区西新橋3-24-5-503 一般社団法人日本カイロプラクターズ協会内
電話 03-3578-9390 E-mail : info@chiropractic.or.jp

お申込みフォーム
日本カイロプラクティック科学学会
タイトルとURLをコピーしました